特許 第3274852号 
NETIS登録KK-040046-A
「芯割ジュニア」パンフレット 国土交通省 NETIS(新技術情報提供システム)へ登録済み
  ⇒詳細資料がご覧頂けます。(登録番号KK-040046-A)
「草刈り君」パンフレット 「草かり君」パンフレット  (PDF 229KB)
 概要
 今回ご紹介致します「草かり君」は「環境時代」のニーズに対応し、草を有効利用する「循環型」を課題として取り組んでおります。草刈りから刈り草の収集・また刈り草の粉砕を一気にこなす「草かり君」を開発致しました。

 従来から将来にわたって河川敷、道路法面、公園、空港等では維持管理上、年に2回〜3回、毎年除草を行わなければならず、草刈りから処分までの作業をこれまでは人力により行ってきました。草かり君は草刈りから刈り草の収集・粉砕までを1回の工程で行い、コスト削減・工期の短縮・リサイクルを目指しています。
 用途
・草刈りの必要な現場 (河川・路側帯(道路)・法面・石積み等)。
 特徴
@草刈りから刈り草の収集・粉砕までを1回の工程で行える。
A刈り取った草を 5cm以下に粉砕できる。
B環境にやさしく、刈り取った草を焼却処分せずにリサイクルし、「循環型」を目指す。
Cバックホウ施工なので法面・石積みの施工が可能である。
D機械施工により、安全性の向上。
 「草かり君」見学会 (H15年6月17日)
平成15年6月17日に「草かり君」の見学会を兵庫県尼崎市内(武庫川)にて実施しました。
河川敷での草刈りのデモです。
刈り取った草は粉砕され、「草かり君」の本体後部にセットされた収集箱に一旦集められます。

最大集積量=140kg(1トン土嚢 1袋)

※参考
人力による刈り草は1トン土嚢 1袋で60kg
←刈り草の状況

刈った草は5cm以下に粉砕されます。
第1回 「草かり君」 見学会  兵庫県武庫川河川敷にて       (H15.6.18)
第2回 「草かり君」 見学会  兵庫県芦屋浜にて           (H15.6.20)
第3回 「草かり君」 見学会  兵庫県西宮市(河川の石積)     (H15.6.21)
第4回 「草かり君」 見学会  兵庫県播磨科学公園都市にて    (H15.7. 2)
第5回 「草かり君」 見学会  兵庫県神戸市西区にて        (H15.7. 4)
 第6回 「草かり君」 見学会  兵庫県西宮市名塩ニュータウンにて        (H15.11.26)
神戸新聞に掲載されました    (H15.6.21)
「草かり君」の作業状況(動画です)。
 兵庫県での作業状況 (H16年度)
平成23年12月6日福島県除染除草試験施工を実施
 「草かり君」作業フロー